2264905
保護者掲示板

1: おはようございます (1) / 2: おはようございます (3) / 3: おはようございます (3) / 4: おはようございます (3) / 5: おはようございます (3) / 6: おはようございます (3) / 7: 無題 (0) / 8: おはようございます (3) / 9: おはようございます (3) / 10: おはようございます (3) / 11: おはようございます (3) / 12: おはようございます (3) / 13: おはようございます (3) / 14: おはようございます (3) / 15: 無題 (0) / 16: おはようございます (3) / 17: おはようございます (3) / 18: おはようございます (3) / 19: おはようございます (3) / 20: おはようございます (3) /
投稿内容は管理者が許可するまで表示されません。

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (3.1MBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ こんにちは 投稿者:ころわん  引用 
ミョウガ、栗、ススキ、そして、秋のそよ風
秋になったんだ。
私の18才、子供を通して、振り返った
自分が育つ成長、親が育つ成長
何か、目からでてくる感じがした
何かわからない

サイトを開いて、読んで涙が溢れ
でも、なんでだろう
何も出来ない、頼りない私、能天気な、天然な私

親は心配で、母は無理だからと言う、根回しをする
嫌だから、一度、離れたんだ
今、思い出した
私は、どう生きる

2020/09/23(Wed) 12:44:18 [ No.30129 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
富士山がうっすら
雪化粧
季節は動いていくんだなあ

暑くてもそろそろ
衣替えの支度かな

季節の行事
面倒と止めてしまうのは
簡単だけど
親子での準備なんかは
楽しいかな
外での娯楽を制限される今
家で楽しめること
おそらく
昔の楽しみだったのでは
季節を愛でる感謝する
行事のなかにも
子どもに伝えることは
色々ある
机の上だけが勉強では
ないから
温故知新

2020/09/22(Tue) 05:32:06 [ No.30122 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
そうですか。
富士山が雪化粧の季節なのですね。

数週間前
歩いていたらセミのの鳴き声が「ツクツクボウシ」に変わった。
思わず心の中で「やったーー秋がくる」と喜び叫ぶ。

四季の変化に合わせて
旬の食べ物を食卓に並べたりしながら
「秋が来た」
「冬が来た」などと言っては
我が子達の前で季節の移り変わりに感謝して見せたのが懐かしい。

振り返ってみれば
2人の息子達とは
それぞれ18年ずつしか一緒にいられなかったんだなーーと思う。

短い同居なのだから
もっと密着して優しくしてあげたかったけど・・・
そういう訳にはいかないのが子育て。

なんとしてでも
社会で生きるための知恵と力をつけてやろう
そんなことばかり考えながら距離を保って接してきた。

年に一度は食事をするけれども
話す相手は嫁や孫の方で
息子と話すことはほぼナシ。

これで良いんだ・・人生は。

2020/09/22(Tue) 07:11:53 [ No.30123 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
秋ですね。

昨夜、嫁のご実家から
ミョウガが届きました。
毎年、この時期に、
ミョウガ、栗と秋の味覚が我が家に届きます。

いつもながら、段ボールいっぱいの多さに
今年は数えてみました。
500個は優にある・・・びっくりです。

「父、取るのが好きなんです。」と、笑う嫁。

取って湿らせた新聞にくるみ、段ボールに詰めてくださる
お義父さんの姿が目に浮かび
そんな方に息子は見守っていただいているのだと
本当に有難く、感謝しかありません。

季節を感じ
季節を大切にいただく。

沢山のミョウガを
新鮮なうちに多くの方に食べていただきたいと
小分けしてはお裾分けに回っています。

本当に、感謝です。

2020/09/23(Wed) 06:42:23 [ No.30126 ]

◆ 無題 投稿者:ころわん  引用 
当たり前を当たり前にする。自分自身が崩れると、それすら、難しくなった。その中で、息子は、まだまだ、険しいが、自分の道を進んでいる。私は、どう生きる。私も息子もいろんな出会いで、何かを得ている。

2020/09/22(Tue) 07:50:40 [ No.30124 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
秋と言えば
食欲の秋
それを満たしてくれるのが
収穫の秋


収穫をして
土壌を更地に戻して
一度リセット
そして
新しい種を蒔き
次の収穫へ

問題の種を蒔いて
刈り取って
新しい種を蒔く支度
を始めないと
新しい芽はなかなか
出てこないなあ
根っこはなかなかしつこい
抜いてはまた生えてくる
それでも抜き続ける
蒔き続ける
やがて新しいものに


2020/09/21(Mon) 05:42:04 [ No.30116 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
本当ですね。

人の悪い性質って、まるで雑草のようですね。

抜いても抜いても、次から次へと芽を出してくる。

放っておけば、生い茂ってい荒れ放題になってしまいます。

いつも気を付けて刈り取らなきゃいけません。

そして、
良い種を撒くことも決して忘れてはいけませんね。

年中、草刈り‥(笑)

お互い、頑張りましょう。

2020/09/21(Mon) 06:45:59 [ No.30117 ]
◇ 収穫 投稿者:谷川 母  引用 
はい。収穫するまでには、
色々な作業が必要ですね。

収穫はあくまでも目標ですが、
それまでの過程における手入れや工夫は、
ホント、数限りなくあると思います。

子育ても同じ。
子どもが元気で幸せに育ち、やがて自立するまで、
何年も、地道な工夫と手立ての積み重ねが必要。

そう心して取り組むだけでも、結果は
随分違うのではないかと思います。

2020/09/21(Mon) 08:20:53 [ No.30118 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
自分が育つ成長
子どもが育つ成長
孫が育つ成長

人間は、立場を変えて三回
成長する機会をいただいていると聞いたことがあります。

どの立場の時も
結局は、全て自分の成長です。

やっている立場でいながら
育てていただいているのは自分。

当たり前を当たり前にする生活。

本当に、大切だと思います。

2020/09/22(Tue) 05:17:47 [ No.30121 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
暑さ寒さも彼岸まで
と、言います
空気がひんやりと
過ごしやすくなりました

悪いことが起きた時
人によっては
ご先祖様の何かと
それとも何かの障りがと
言ったりも

よくよく考えれば
人に、わが家の歴史を悪く
言われたような
親が子どもを思うように
ご先祖様だって私たちを
不幸になんかしたくないだろう
笑顔で暮らしているのが
いいのだから

なんかのせいにしている
のは、楽かもしれない
でもそれは一時的
自分と向き合い
問題と向き合わないと
変わらない
問題の元は
自分の中にあるのだから

2020/09/20(Sun) 05:28:08 [ No.30111 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
ある子どもが笑いながら、
私に教えてくれたことがあります。

不登校になった時に、
母子で有名な祈祷師の元へお祓いに行ったそうです。

そこで何やら分からない呪文を唱えられ
祈祷師の答えは

「児童相談所へ行きなさいとお告げがあった」・・
と言ったそうです。

高価なツボを買わされた訳でもなく
5000円の祈祷料だけ支払ってお別れしたそうです。

どうやら
人の悪い祈祷師ではなさそうですが
「これは確かに間違いない答えだ」と言いながら、
神頼みするほどの問題児ではない子供と
一緒に腹を抱えて笑ったものでした。

私は無宗教なので神や仏には全く興味がないのですが
いくら不思議な力を持っている?神様や仏さまだって、

ただ「お願いする」だけで
ちっとも頑張らない人になんて
絶対に力を貸してくれないような気がします。

反省と努力を人の何倍も積むことによって
周りの人が「この人は信じられる人だ」と気付き始め
少しずつ力になってくださる人を増やせて行けます。
やがて
人の力に支えられながら生きるという幸せがゲットできるようになるのです。

何の反省も努力もせず
人のせいにして自らの問題から逃げたりする人には
神も仏も人間も、誰も力を貸してはくれないと思います。

自分を幸せにできるかできないかは
自分の心の置き方にかかっていると思います。

2020/09/20(Sun) 07:19:23 [ No.30113 ]
◇ 問題の所在 投稿者:谷川 母  引用 
はい。
子どもが問題を持った時、
はじめはその原因を、
学校や友達関係など、外に求めていました。

でも、実はきっかけはいろいろあると思いますが、、
その根本原因は、自らの在り方にあったと、
後ではっきりとわかりました。

それは自分にとって、ものすごく大きく、
キツイことでしたが、
それを自覚しないと、何も始まらないことが
よくわかりました。

そうすれば、解決法は、
おのずと見えてきます。
まず自分の在り方、姿勢、行動を見直し、
改めることから始めるだけでした。

2020/09/20(Sun) 08:39:02 [ No.30114 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
全て何かの意味があって
ご先祖様から親、そして自分に繋がっているのだと思います。

どんなに問題がある先祖でも親でも
そこを変えることはできないですね。

何かを教えてくださっているのだと
だから自分はどう生きるか。

それと、我が子に問題を持たすのは別問題。

問題は自分が原因で
ご先祖さんのせいではないです。

お彼岸です。

感謝こそすれ
悪く言うのはもっての他。

2020/09/21(Mon) 05:51:14 [ No.30115 ]
◇ はじめまして、おはようございます 投稿者:ころわん  引用 
何かの意味があって、今がある。
不登校だった息子が
高校の先生との繋がりで、やりたいことをみつけた。

私は、主人に依存して、自立ができてない。
ご先祖様に感謝。

そして、私はどう生きるのか❗

ステキなサイトに出会え、
ありがとうございます。

2020/09/21(Mon) 07:51:07 [ No.30119 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
なにやら
数学は
物事を論理的に解く思考が身につく
とかとか
物事を伝えるのにも
順序だてて考えれるように
なるのだそう
テレビの受けですけど

計算も出来た方が良い
文字も読めて意味が分かった方がいい
知識を得るためにも
字は読めた方がいい

勉強は成績のためにさせると
嫌になってしまう
生きるための力の元に
なるものだから
やっぱり大事なもの

今自分が出来て居ること
一通りの事を
習ってきたから
いつの間にか身についていること
多いんだろうな

2020/09/19(Sat) 05:34:20 [ No.30108 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
父親は仕事と家事伝い
母親はパートと家事全般
子どもは学校と家事手伝い

こういった家族内での役割分担は
子どもが幼い頃からキチンと作った方がいいですね。

勉強は子どもの義務であり
真面目に取り組まなくてはならない。

そうやって最初から躾けないと
勉強に対する姿勢が悪くなって
後々親の方が大変な思いをします。

学校では
新学期になると「・・係」といって役割を分担し
生徒全員に責任を持たせます。

会社にでは「・・課」といって
部署ごとに線引きをして役割を分担し
社員全員に責任を持たせます。

何事も最初が肝心。

「どこにいても、一人一人の力を出して
いつも責任ある行動をしなくてはいけない」

といった親の不動の姿勢こそが
社会で必要な「協調性」ゃ「適応力」を育むことにつながるのではないかと思います。

2020/09/19(Sat) 06:57:40 [ No.30109 ]
◇ 学ぶ 投稿者:谷川 母  引用 
はい。勉強は、その時その時で
意味も内容も違うと思いますが、
死ぬまで学ぶことばかりです。

「これは将来何の役に立つのか」と
よく言われますが、実際「役に立つ」ことだけを
勉強するのが、果たしていいことなのかどうか…、
それもよくわかりません。

勿論、目標はあっていいと思いますが、
一人の人がわかることなんて、大体限りがあるし、
今わかることも、未来にはどうなっているか、
想像もつきません。

だからこそ、コツコツ学ぶ。
その積み重ねにより、きっと何かが見えてくるはず。
コロナ禍で、ますますその感を強くしています。

2020/09/19(Sat) 06:57:21 [ No.30110 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
学校の勉強が嫌いでした。
でも、学校は好きでした。

「なんで、勉強しなあかんのやろう」
と、いつ頃だったか、先生に尋ねた事があります。

「大人になったら、もっといろんな事がある。
 その時の為に困難な事や、苦手な事に取り組む訓練だよ」
と、言われました。

私にあわせた答え方をしてくださったのか
妙に、納得した記憶があります。

困難や嫌なことから逃げない。

人生において大切な勉強だと痛感します。

2020/09/20(Sun) 05:51:54 [ No.30112 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
明日からは
4連休
でも
ママは逆に忙しいかな
食べるのは生きることに
欠かせないことだから
育つには欠かせない
やがては巣立つ子ども
いつ間でも
手を掛けてばかりでは
巣立ちの準備は出来ない
出来ることにまで
手を出さない
出来ないことは
出来るようにサポートを

2020/09/18(Fri) 05:22:58 [ No.30104 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
わが子に出来る限り楽をさせてあげたい・・
安定して平和な生活をさせてあげたい。

身体に良い物を毎日作って
健康で生きられるように
親ができる限り守ってあげたい・・

このように
愛することはどういうことなのか
まるで分かっていない親が増えてきたことによって
親元から巣立たないまま年齢を重ねる若者が増えてきました。

これは本当に
困った大問題ですね。

2020/09/18(Fri) 06:36:36 [ No.30105 ]
◇ 食の力 投稿者:谷川 母  引用 
はい。「食」って、大事だなと、
この頃つくづく思います。

家族のために日々食事作りを担っている
お母さん方は、本当に大変です。

でも、その日々の苦労の積み重ねが、
実は文字通り血となり肉となって
子ども達を育て、お父さんの健康を守り、
色々なパワーを送り、支えています。

今は子育てに必死でそれどころではないかもしれませんが、
それは後で、本当に大事で幸せなことだったと、
きっと気づかれる時がくると思います。
ガンバレ、母ちゃん!!

2020/09/18(Fri) 07:35:41 [ No.30106 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
高校卒業を期に
「これで、あなたのお弁当は作らない。」と言いました。

その後は、
食事代は自分で出すか、自分で作るか。

そして、我が子が自立して、結婚して、
自分で生活を始めた今、
たまに帰ってきた時は、
それはもう嬉しくて、たくさん作って食べさせます。

一旦、きちんと線引きをする事、
本当に、大切だと思います。

2020/09/19(Sat) 05:55:41 [ No.30107 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
なんでも
思い通りになったら
謙虚さをなくし
優しさもなくなる
ただ
傲慢になるだけ
思いやりも
どこかへ行ってしまう

痛い思い
失敗は
案外大事なことを
教えてくれていたりもする

良いことへの気づきの時も
やみくもに
畏れない


2020/09/17(Thu) 05:24:43 [ No.30100 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
私が毎年先祖供養に伺っているお寺の住職さんが

「幸せだと思った時が一番の地獄」と仰います。

なるほど本当にそうだなぁと
思っていました。

辛いと思っている時に
どう生きるか・・

これで人の成長は
大きく違っていくのだなぁと思います。

2020/09/17(Thu) 06:15:01 [ No.30101 ]
◇ 気づき 投稿者:谷川 母  引用 
はい。コロナ禍の中で、いろいろ大変な思い、
ご苦労をされている方も多いと思われます。

でも、その一方で、いろいろと見えてきたことも
少なくありません。

リモート・人との関わり・家族の有難み…、
日常の当たり前と思っていたことが、
案外そうではないことも…。

ピンチはチャンス!
気づかされたことを、今後の行動、生き方に生かすため、
よく考え、工夫し、変えていくことも大事です。

2020/09/17(Thu) 06:27:54 [ No.30102 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
辛いと思っている時は
良い人になれます。

辛い事がどうか良い事になりますようにと
祈るような気持ちで、良い事をしようと必死になるから。

こういう姿勢自体が
自分本位だなと
またここで、自分の勝手さにも気付くのですが。

そんな自分だからこそ
良い事を続ける目標を
自分に課さないと
いつの間にか、ずるずる胡坐をかくと痛感します。

公私とも、やりはじめた良いと思える事
やり続けるのは自分の為。

2020/09/18(Fri) 05:54:44 [ No.30103 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
反省しているつもりで
過去の事を口にする
言葉には力がある
呪文のように言っていれば
身体の中に染み込んで
それが抜けなくなる
同じことを繰り返す
考え方が変わらないから

2020/09/16(Wed) 05:24:01 [ No.30095 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
子どもの問題の再発を防ぐため
それを作った原因となるところを変えるべきだと
親達に何度も何度も行ってきました。

でも
幼いころから培われた性格を他者が変えることは不可能だ
と早い頃から気付きました。

それで
性格は変えられないが
行いは変えられると考え直したのです。

善行を積むようになれば
「ある人は前と変わった」
「あの人は前より善い人になった」と言われるようになる。
それでいいんだと・・・。

だから
「幸せになれたと思ったら分けてやりましょう」
「助けられたと思ったら助けてあげましょう」

長田に恩返しするなど愚行であり
その気持ちをまわりの誰かにせっせと返しなさいと
しきりに言ってきました。

反省した人は
せっせと動いていきました。
嬉しかったですね。

親が変われば子どもも変わるんです(^^)

2020/09/16(Wed) 06:56:25 [ No.30096 ]
◇ 言霊 投稿者:谷川 母  引用 
はい。本当に「言霊」って、
あると思います。

意識して、いい言葉、前向きな言葉を発していると、
おのずと自分も周りも、そうなっていくような気がします。

子育てに於いて、それはきっと、
とても大切なことだと思います。

2020/09/16(Wed) 11:28:49 [ No.30098 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
「いい人、いい職場に出会うね。」

母は小さい頃から私に
これだけは言い続けてきました。

そのせいか、私は自分のおかれた環境や出会った人を
いつも「良い」と感じる癖がついた気がします。
これは良い事・・・から向き合えるから
本当に有難いです。

親は良い事や悪い事、いろいろ沁み込ませてくれたのですが
この事は、母に感謝です。

2020/09/17(Thu) 05:41:26 [ No.30099 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
反省はするべきだが、後悔はしなくていい。
反省は未来に繋がるが、
後悔は過去に縛られているだけだ

 byゲーテ

と、こんな言葉がありました。
そうだなあ
あんなことしてきた
こんなことしてきたと
過去を語るだけでは
前に進めない
そこに縛られているだけ

反省はそれを活かして
前に進もうと思う
後悔は楽だけど
進めない
動くことは時には
しんどいけど
いつまも
同じことを思うのも
結構しんどいよ
悲劇のヒロインに
浸っているだけ

2020/09/15(Tue) 06:17:39 [ No.30091 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
悲劇のヒロインが本当に悲劇ならいいんだけど
一方的な決め込みによって
「自分は悲劇のヒロイン」と思い込んでいる母親が傍に居るほど酷なことはありません。

落ちる
拗ねる
泣く
寝込む

そういう母親の幼稚な演技によって
子どもは母親の顔色を伺って生きるようになります。

やがて、疲れなくても済むように知恵を絞り
母親に従った方が無難だと考えて
完全な受け身で動くようになります。

母さんはいつも「爽やか」でなくっちゃ‥(笑)

2020/09/15(Tue) 07:06:04 [ No.30092 ]
◇ 生かす 投稿者:谷川 母  引用 
はい。反省を生かして、前に進む。
そうでなければ、せっかくの反省も、
意味がないということですね。

人はおそらく成功より失敗の方が多いと思いますが、
その失敗・マイナスをどう生かしていくか、
結局そこにかかっています。

つまり、失敗した事実よりも、
それについてよく考え、工夫し、
今後どのように行動していくか、
それが問題です。

前向きな行動、それしか
生かす方法はないと思います。

2020/09/15(Tue) 07:30:50 [ No.30093 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
心から反省をしたら
後悔を繰り返す時間がもったいなく
何かしよう
少しでも良くなろう、進もうと
必死になる気がします。

後悔して立ち止まっているのは
(時間は進むから、実際は後退していますね)
反省していない証拠。

一日一日
本当に、大切です。

何もしなくて良くなることは
まず、ないですね。

2020/09/16(Wed) 05:42:02 [ No.30094 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
でも
だって
と、なかなか
受け入れらせず
悪い方ばかりを思う
辛いようで
意外と楽な考え方
何もしないでいられる

考え方も癖がある
口癖と同じように
口癖は思考の癖を
反映してる
それをまた
子どもが教えてくれる

気が付いたとき
変えるチャンス

チャンスは
逃げ足が速いから
ボッーとしてると
無くしてしまう


2020/09/14(Mon) 05:35:20 [ No.30087 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
心が口癖に現れる・・なるほど、本当にその通りですね。

「どうせ・・」 「・・・なんか」 「・・・けど」

「なんで・・」 「どうして・・」

言い訳、開き直り、拗ね、
こんな言葉を連発している内は、周りから何も学べません。

自分の周りに居る人は
自分に足りないことを教えてくれる
そう思って、素直に聞く耳をもたなきゃ・・ですね。

今日も頑張ろ!

2020/09/14(Mon) 06:09:42 [ No.30088 ]
◇ ブラス思考 投稿者:谷川 母  引用 
「禍福はあざなえる縄の如し」
いいこともあれば、悪いこともある、
これは世の常です。

それに対して一喜一憂していては、
身が持たないし、言動もおのずと
振れ幅が大きくなります。

だったら、どちらもプラスに捉え、
受け入れ、対応していけばいい。
そうすれば、少なくとも、
常に前向きでいられます。

前向きな人からは、きっと
プラスのパワーが伝わります。
子育てにとって、それは大事な姿勢だと思います。

2020/09/14(Mon) 07:30:00 [ No.30089 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
全ての原因は自分にある。
出来事の元は、自分が産み出しているのだと思います。

そこに言い訳をしてしまったら
自分の悪行の言い訳にしかならない。

人様が聞いたら
恰好悪いことですね。

良い事も悪い事も潔く。
そこからのまたスタート。

2020/09/15(Tue) 05:51:17 [ No.30090 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
雨が急に降ったり
お天気に振り舞われる

お母さんやお父さんの
機嫌のよさで
良いこと悪いことが
変わったら
子どもはどうしていいのか
何がどうなのか
本当のところが分からなくなる

眉間にしわ寄せていては
年上に感じられてしまう
朗らかに
感情に振り回されず
おとなしく
いられるのが
大人かなぁ

2020/09/13(Sun) 05:57:30 [ No.30082 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
問題を持っていた子ども達は
その家庭の中で一番感覚が良くて
真面目て一番親のことを思っていました。

本当の「良い子」が
親の「都合の良い子」になっていて
何とも勿体なかったです。

感情がコロコロ変わる大人は
言うことも日によって変わります。

問題を持った子どもの多くは
それを一生懸命聞き入れながら
大好きな母親に必死で付いていったのでしょう。

でも、大人になって問題を持っても
彼らの多くは
「自分が悪い」と自分を責めることになるのですよね、

2020/09/13(Sun) 07:24:03 [ No.30084 ]
◇ 感情のコントロール 投稿者:谷川 母  引用 
はい。感情が豊かであることは、
決して悪いことだとは思いません。
それは時に、何かを生み出すエネルギーになります。

でも、言動が感情のみに振り回され左右されていたら、
その振れ幅はあまりにも大きく、周りは困るし、
何より将来にわたって、子どもへの影響は甚大です。

「利他」という言葉がありますが、
自分に重きを置くのではなく、一歩引いて、
自分以外に目を向け、思いやり、大切にする
という姿勢を持っていれば、おそらく
感情に任せた行動ということは、
かなり抑えられるのではないかと思います。

これは単におとなしくしろとか冷静にとかではなく、
常に自分をコントロールするよう意識することで
行動もおのずと随分変わってくるのではないかと思いますし、
子育ての上でもきっと、役に立つはずです。

2020/09/13(Sun) 08:32:19 [ No.30085 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
理想通りにはいかないし
綺麗な事ばかりも言えません。

人間らしい感情が
家族の中で出せる環境があっても良いと思います。

しかし、心の根底が腐っていたら
そこから産まれる感情は腐っていると思います。

爽やかなら
爽やかな感情が豊富。

相手、日によって
コロコロ変わる事はないと思います。

2020/09/13(Sun) 09:08:10 [ No.30086 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
少しづつ
過ごしやすい季節になって
来たかなあ

プライバシーも大事だけど
あまり頑なになってしまうと
息がし辛い

私の子と
囲ってしまったから
なんとも
範囲の狭い価値観の
思い込みの激しい
育て方
柔軟さが無いから
臨機応変が出来ない

目に見えない
怖さが昔より
今はある
なのに目が届かない所が
増えて
子育てがより大変

柔軟性を持てた方が
息がしやすくて
起点も出来るだろう
視野も広くなるだろうな

2020/09/12(Sat) 05:47:00 [ No.30079 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
本当にそうですね。
「人に迷惑をかけたと分かったら、きちんと謝って正しなさい」と教えておくことは大切だと思います。

他者を意識して生活するように子どもを躾けておけば
親だけで躾けるよりも
社会の中でも協調性と適応力が身に付きやすいですよね。

その場その場で機転を効かせて
行動や分析などを素早く対応出来ること。

色々な場面に臨んで
その変化に応じた適当な処置が出来る特性。

柔軟性のある母親は、
キレの良い
回転の早い子どもを育てられると思います。

2020/09/12(Sat) 07:03:50 [ No.30080 ]
◇ 柔軟性 投稿者:谷川 母  引用 
はい。何でも決めつけず、あらゆることを
受け入れる柔軟性が、とても大切だと思います。

勿論、よく考え工夫し、自分の軸を持っておくことは
必要でしょうけど、だからと言って、
それ以外を受け入れないといった頑なな姿勢ではなく、
まずは受け入れる柔軟性が必要です。

そうすれば、本当に必要なものを取り入れたり、
少し変えたり取捨選択してして、常により良い方向に、
自分を変えていくことができるはずです。

実際これは子育てにおいて、特に大事な姿勢だと思います。
それがないと、子どもも同様に柔軟性を失う危険性があり、
それは将来、とても困ります。

2020/09/12(Sat) 08:28:34 [ No.30081 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
一本の芯があるからこそ
柔軟になれるのだと思います。

芯がないと、流されているだけ。

問題がない時は
流されて生きていても困らないと思いますが
何かにぶつかった時
芯がないと、どうしたらいいのか
どうしたいのか判断できないと思います。

芯があるからこそ柔軟になれると思います。

2020/09/13(Sun) 06:20:26 [ No.30083 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
昔は良くも悪くも
親の目が届かない所を
近所さんが見ててくれた
注意もしてくれた
家に何かあれば
ちょっとどうしたのと
風通りを良くしてくれた

子どもは周りの大人に
育てられる
今の方が、子育ては難しいのかも
自分の体験したことが無い
見えない所で何があるのか
目も気も届かない

わが身の守り方
何がどう危ないのか
教えないといけない
与えるだけでは
判断出来ない

2020/09/11(Fri) 05:56:57 [ No.30074 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
居ましたね、
観かけると道を変えたくなるような厳しい大人。
容赦なく注意する厳しい先生。

しかも、親は
「社会にはいろんな人がいる。
人様の前では叱られないように生きなさい」という考えで動かなかった。

子どもは他人から叱られたり注意を受けたりすると
親にはぜったいに言いませんでした。

「怒られるようなことをしたお前が悪い」と
重ねて説教される羽目になったからです。

結局、社会全体で子育てして頂ける形になっていた・・。

今振り返ると、
怒ってくれた先生や大人達の方が
自分の記憶にハッキリ残っています。

優しい大人の記憶は
何ですっかり消えているんだろう(笑)

怒ってくれた人の方が、
子どもの将来を真剣に考えていてくれたのでしょう。

2020/09/11(Fri) 06:41:36 [ No.30075 ]
◇ 人様から 投稿者:谷川 母  引用 
はい。人様から教えられ、育てていただくこと、
たくさんありますね。

だからこそ、社会の中で生きる知恵と力を、
子どもにつけてあげられるよう、
意識して育てていかなければなりません。

子どもの幸せは、そうやって育てていくことで
生まれるのだと思います。

2020/09/11(Fri) 07:34:47 [ No.30077 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
社会全体が子どもを守っていたような気がします。

お互いがお互いを守るのが普通にあったような。

若い人は年配者に普通に手を差し伸べたし
その様子を子どもは見て育ち
年配者は若い人に声をかけ励まし
そんな様子も子どもは見ていた。

お互い様の中で
社会での生き方を学んでいた気がします。

自分の言動も
今の子ども達がどこかで見ている。

そういう気持ちで
まず、自分を律しようと思います。

2020/09/12(Sat) 05:38:36 [ No.30078 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
「君子の交わりは淡きこと
水のごとし」

お互いに節度を保ち
あまり深入りせず
水のようにあっさりと

と、昔の言葉

親しき中にも礼儀あり
とも言う

人間知られたくないことも
旦那様でも
子どもでも
まして他所の人は

人様と自分との間に
線引きは必要
我が子だからと
なんでも知ろう
なんでも言っていい
何をしても良い
と、言うのは無い

時々は思いあまって
ずかずか入ってしまうことも
あったり
こどもとて
意識は別なんだから
自分だったらと
チョットの想像力
思いやり
気づかい

2020/09/10(Thu) 05:30:52 [ No.30071 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
問題の子を持つの母親の共通点はいろいろあるけど
その中の一つとして
「私の言うことを聞いて当たり前」という
ご主人に対する自信たっぷりの姿勢には驚きました。

女として
すごい自信というか・・

特に美人でもないしスタイルも良いとは言えない・・

性格も?だし、
これといったカリスマ性もない・・・(笑)

なのに、なんでそんな偉そうに居られるんだろうと
何度不思議に思ったか知れません。

直接、ご主人にうかがったことも何回もありました(笑)

「なんでそこまで妻に遠慮して従うの?
なんか、あの人に特別の魅力でもあるのですか?」と、

真剣に聞いたけど、
父親は笑いながら、ちっともピントきていませんでした(笑)

母親が力を持つことは全然自由です。

けれども

どんな族(集団)でも
頭に立つ者が
個人的な利や欲でワンマンに動くのはルール違反です。

個人の感情は決して入れず
仲間一人一人の将来が幸福になるよう図らい
冷静にみんなをまとめ上げ

仲間の成長を常に考えて先頭を切る人がリーダーになって初めて、
その集団は発展していくと思われます。

2020/09/10(Thu) 09:02:48 [ No.30072 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
先日行った美容院の店長さんが
似たような事を言っていました。

子どもが結婚したら
相手に我が子を取られたという感覚の親
何、考えてるんだりうね
子どもを私のものと思ってるんだ・・・と。

我が子が結婚して
取られたとは全然思いませんが
我が子が産まれた瞬間
この子は私のものと、私は思いました。

とにかく一緒にいたくて
超密着育児をしました。

相手を尊重してより良い距離を保つ。
私の陥りやすい課題です。

2020/09/11(Fri) 05:53:22 [ No.30073 ]
◇ 距離 投稿者:谷川 母  引用 
はい。今、コロナ禍により、
ソーシャルディスタンスが、あちこちで叫ばれています。

家族であっても、やはり自分とは違う人。
入り込み過ぎると、問題が起こります。

常に節度と思いやりを持って、
一定の距離を測りつつ、
見守り対応することが必要に思います。

2020/09/11(Fri) 07:31:24 [ No.30076 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 


鍾乳洞の中のお水
ホコリも土も舞い込まない
光も当たらない
岩に流れる水は
透き通っていて綺麗
お腹の中の赤ちゃんも
純粋な空間の中で育つから
綺麗

外に流れ出て
日に当たり岩を砕き
砂にまみれ
汚れながらも
やがては大海へ流れ出る

人も
痛い想い
失敗して泣いたり
嬉しい想い
苦しさ
楽しさ
色々経験して
良いこと悪いこと
知って
社会の中で生きる

経験出来た方が
たくましくなるだろう
人の痛みも分かるだろうな
苦労が分かれば
愚痴も減る


2020/09/09(Wed) 05:39:36 [ No.30067 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
とても素敵な内容ですね。
朝からすごいなーと思いました。

幼い子どもをよくよく観察していると
「隙あらば我欲を通そう」とします。
それを観ていると
つくづく躾けが要る生き物なんだなと思ってきました。

しかし、親からいくらきちんと躾けられても
人は社会の中で沢山の経験をして苦労しないと
一人前にはなれないようです。

我が子はやがて、社会に出て苦労しなくてはいけない・・。

そう思って
少しでも人と協調、適応し
できるだけ苦労からを逃れることができるよう

親は時として心を鬼にしてでも
我が子をきちんと躾けるのだと思います。

無償の愛には
嫌われる覚悟も必要です。

我が子から例え嫌われても、
我が子が人に嫌われないように育ってくれたら、それで良いのだと思います。

2020/09/09(Wed) 07:05:37 [ No.30068 ]
◇ 大河の一滴 投稿者:谷川 母  引用 
はい。大河の水も、
元はわずかな、澄んだ一滴の水から。

それは、やがて集まって、
大きな力強い流れとなっていく。

でも、その流れは時に澄み、時に濁り、
時に緩やかに、時に急激に、
色々なところを、いろいろなものにぶつかりながら、
それでも、最後は海に流れ込む。

人の一生も、きっと、
そういうものなんですね。
自然に任せ、則天去私でありたいです。

2020/09/09(Wed) 07:29:18 [ No.30069 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
緩やかな流れ
激しい流れの水に
石は洗われ、角が取れていきます。

石は水や流れを選べない。

どんな中にあっても
自分を削り、丸くなる。

学ぶべき事、たくさんあります。

2020/09/10(Thu) 05:39:53 [ No.30070 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
夫婦仲がいいのは
子どもには良いこと
でも
見つめ合ってばかりでは
前に進めない
同じ方向を向いて
進んでいく
時には別々向いていても
いざと言う時には
力を合わせれる

家庭の基本は夫婦だから
惹かれて一緒になったのが
いつの間にか
文句の言い合いは悲しい
お互いさまのこともいくらでも
片方だけがどうこうは無いのだけど

2020/09/08(Tue) 05:27:02 [ No.30063 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
お互いに尊敬できるところがあって結婚するのだけれど
学ぼうとする健気な姿勢がないと
尊敬はアッという間に軽蔑に移行してしまう。

よくある「性格の不一致」というヤツですね。

男と女は何もかも違うから
子どもにはバランスがとれて最高なんだけど

父親が委縮して妻の言うがままになると
母親オンリーの考えで子育てが進んでいきます。

その母親が爽やかで明るいなら最高なんだけど
その逆だったりすると、
子どもは疲れてしまいますよね(^^;)

2020/09/08(Tue) 07:09:17 [ No.30064 ]
◇ 子どもにとって 投稿者:谷川 母  引用 
夫婦のあり方って色々だと思いますが、
子どもとしては、やはり両親がお互い認め合い、
大事にし合っているなと感じることができれば、
きっと安心すると思います。

それは、ベタベタするとか、いつも一緒に
行動するとかということではなく、
たとえ単身赴任やいろいろな事情で離れていたとしても、
互いを思いやり大事にしていることは、
子どもにもわかるはずです。

自分の場合は、そういう点で、やはり
配慮や意識が足りないところがあり、
その結果、子どもに問題を持たせてしまいました。

勿論、原因はそれ一つではありませんが、
そういう意識をもって常に配慮があれば、
ずいぶん違っていたのではと思います。
これは、結構、大きなことです。

2020/09/08(Tue) 17:47:33 [ No.30065 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
夫婦の形はいろいろで
どれが良いという事はないはず。

どんな形でも幸せなら
その幸せは必ず子どもに空気で伝わると思います。

反対に
一見、見栄え良く、幸せそうにふるまっていても
相手を尊重できないでいたら
それも、空気で子どもに沁みていきます。

醸し出す空気。
本当に、誤魔化せません。

大げんかしたって
ちゃんと尊重していたら温かいと私は思います。

全部、鏡で自分にかえってきます。

2020/09/09(Wed) 05:47:07 [ No.30066 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
子どもは親が大好き
親は何かと
条件をつけたりもする

認めて欲しい子どもに甘えて
親は子どもを
手放そうとしなかったりも
子離れしようとしない
いつまでも所有物のように

一個の家庭を持ったなら
夫婦で頑張れと言えない
過管理を続ける

負の連鎖
それに気が付く
旦那様の言葉に
耳を傾けない

子どもの幸せを思うなら
子どもを信じて任せる
子どもに依存しない生き方
親の方がしていかないと


2020/09/07(Mon) 05:32:05 [ No.30059 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
信じて待つと
案外「しまったー・・」と思うことが多いかも知れませんね(笑)
相手は決して、自分の思い通りにはならないからです。

それを
「よくやった」と爽やかに褒められるか

気に入らないと、
自分の理想の形に修正してしまうか

それとも
最初から密着して思い通りにいくよう
指示しながら結果を出させるのか

「手をかけ過ぎないで目をかける」
これが大切。

いずれにせよ
信用するということは
相手の自立を促すことであり
相手の可能性を伸ばしていく大切なことですね。

2020/09/07(Mon) 06:48:41 [ No.30060 ]
◇ 無題 投稿者:高田  引用 
夫も子どもも思い通りになると
信じて疑わず・・
そう思っていました。

ところが、人は
決して思いどりになりません。
子育てでそれを実感しました。


「子どもに依存しない生き方
親の方がしていかないと」
最後の言葉に
ドキッとしました。

子どもより親のほうが
ずっと未熟だと思っています。

2020/09/07(Mon) 21:26:11 [ No.30061 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
自分の理想が正解ではない
子どもの生き方から学ぶことが沢山あります。

子どもによって、私の見聞は広がりました。

私の場合
子どもがいなかったら
今以上に狭く
今以上に思い込み
小さな小さな世界を
まるでそれが全てだと決め込んでいたはずです。

そんな親を
100%信じてくれた子どもを
今度は信じ切れる親にならないといけないですね。

2020/09/08(Tue) 05:52:01 [ No.30062 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
子どもは
親に認めてもらいたい
褒めてもらいたい

幾つになっても
それを欲したりもする

親離れ出来ていないと
親に認めてもらいたくて
親を優先したりもする

結婚をして別の生き方を
する自覚が無いのだ
優先するものが
変わらない
親離れが出来ない
年をかさねても
拗ねて見せる
泣いて見せる
等の幼稚さが抜けないのは
自律が出来ない

家庭を作り上げるのは
親の力
親として
自律は
やがて子どもが
自律出来るかどうかに
影響は大

2020/09/06(Sun) 05:17:14 [ No.30054 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
動物に例えたら
つがいになり、親になっても
実父母から離れないなんてありえないのに
人間とは本当におかしな生き物ですね。

私はその点
一刻も早く家を出たくて
18歳で自立して清々しました。
極めて動物的なのでしょうか(笑)

2020/09/06(Sun) 05:59:25 [ No.30056 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
自律できたら
実親にもきちんと向き合えると思います。

親も自律しないと
成人した我が子との向き合い方を間違う気がします。

夫婦もお互い自律してこそ
良い関係になれるのかもしれませんね。

2020/09/06(Sun) 07:32:37 [ No.30057 ]
◇ 無題 投稿者:ゴムの木  引用 
結婚してからも
親離れできていなかった
一卵性親子みたい
仲良しで良いと思ってた

一番大事にすべきは家族
幼稚なままではおかしい
家族はたまったものでないはず

2020/09/06(Sun) 21:16:26 [ No.30058 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
未曾有の災害
今回の台風
西寄りのコースに
なって
中部地方への影響は
少なそう
それでも
明日は我が身
これから先来ないとも
言い切れない
どれだけ心配をすればいいのか
分からない
対策をしても
守り切れないかもしれない
自然には敵わない
でも
目の前で生きている子ども
苦しんでいる子ども
苦しめる元を作りさえ
しなければ
問題など持たせなかったのに

でも
親が変われば子どもは変わる
親が変わっていないと
子どもは何度も苦しむことに
あきらめない
とまらない
そして対策をすれば
なんとでもなる
問題課題
予防も出来る

超えれない壁は
与えられないと
昔から言うのは
間違いない

2020/09/05(Sat) 05:42:00 [ No.30050 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
ひまわりさん

私はね、自分も含めて
人間の性格なんて遺伝だったり幼いころからの環境の積み重ねだったりするから
なかなか変われないと思うのですよ。

でも、行いは変えられますよね。
仕事はなかなか変えられないから
では、仕事ではない時間を誰のために遣うのか・・
それによって人の行いは大きく変わるし
周りの見方も大きく変わっていくと思うのですよね。

だから私は
助けられたと思ったら助けに回れ
幸せになれたと思ったら分けてやれ
恩返しは長田ではなく、
あなたの周りの人にせっせと返してください
と最初からメンタルケアの人達に伝えています。

それを実行すれば
子どもに密着して過管理、過干渉をする暇はなくなるし
旦那さんもお子さんも
「変わったなー」と楽になるはずなのですよ(笑)

2020/09/05(Sat) 07:03:06 [ No.30051 ]
◇ 無題 投稿者:ゴムの木  引用 
昔昔 大型台風が直撃し、大きな蚕屋が倒れて
その下敷きになったことがあります。
救出された私は、幸い打撲だけですみました。

いまも
台風は怖くて
じっとしていられません。
被害がでませんように。

2020/09/05(Sat) 20:47:06 [ No.30052 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
良いと思うことを
精一杯やるしかないと思います。

一人の人間を生き辛くさせてしまい
その周りの人々に辛い気持ちを負わせた事実は消えない。

その上に、今の自分が生きている。

今の生き方が正解かどうかわからないし
また、間違っているかもしれないけれど
良いと思うことを
精一杯しながら生きるしかないと思います。

2020/09/06(Sun) 05:34:17 [ No.30053 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso