2264902
保護者掲示板

1: おはようございます (1) / 2: おはようございます (3) / 3: おはようございます (3) / 4: おはようございます (3) / 5: おはようございます (3) / 6: おはようございます (3) / 7: 無題 (0) / 8: おはようございます (3) / 9: おはようございます (3) / 10: おはようございます (3) / 11: おはようございます (3) / 12: おはようございます (3) / 13: おはようございます (3) / 14: おはようございます (3) / 15: 無題 (0) / 16: おはようございます (3) / 17: おはようございます (3) / 18: おはようございます (3) / 19: おはようございます (3) / 20: おはようございます (3) /
投稿内容は管理者が許可するまで表示されません。

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (3.1MBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
台風は少し日本から
離れてくれたよう
良かった
でも、油断は出来ないかな

自然災害
無いにこしたことはない
でも
自然の力は想像を
はるかに超える
そんな時は
誰のせいにも出来ない
何が悪いわけでもない
から
あきらめがつきやすい
恨みつらみがないから
早くに切り替えられて
気分は憂鬱でも
前に行こうと思う
前に進み始めれば
憂鬱な気持ちになって居られない

いつまでも
恨んでたり
何かのせいにしていると
そこから動けない
動けなくしているの
誰でもなく
自分自身

2020/10/10(Sat) 05:34:21 [ No.30207 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
一番自分の思い通りにならないのは
自分自身です。

だから
自分と前向きに闘う姿勢が大切であって
人を攻撃して闘っては何事も解決しません。

メンタルケアの申し込みを受ける時
大抵の母親が、
我が子の問題は「・・・のせい「」と言いました。

我が子の問題を自分の子育てのせいとして反省し
自らの姿勢を正すと約束する親はメンタルケアを引き受け

頑として人のせいにし続ける親は
丁重にお断りしました。

後者には
反省がなく
改善もありません。

ただ人のせいにし続けて攻撃している内は
「解決の道」など決して見えて来ないのです。。

今でも
この考え方は大正解だったと思っています。

2020/10/10(Sat) 06:59:15 [ No.30208 ]
◇ 自然 投稿者:谷川 母  引用 
はい。自然には逆らえません。

実際自分もその中の一部として受け入れ、
どう対処すべきかを考えるだけです。

そこには知恵も経験も必要。

一つ一つ油断せず、真剣に、丁寧に対処することで
それが得られていくように思います。

2020/10/10(Sat) 07:07:38 [ No.30209 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
本当に、自分が一番厄介です。

厄介な自分がわかっていながら
子どもや家族、また他人様に
素晴らしい理想を思い描くなど
本当に勝手すぎます。

本当に勝手だから
厄介なのですが・・・

2020/10/11(Sun) 05:24:18 [ No.30210 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
台風の進路が悩ましい

ある程度予測が出来るけど
台風は自力では動けないらしく
偏西風の動きに左右されるとか

自分の人生は
自分で考え判断して
自分で決めたことなら
あきらめもつきやすい
人に流されていては
後悔が残るだろう

自分の体は自分でないと
動かせない
書かされた
やらされたとかとか
言いがちだけど
自分で書いた
自分でやった

考え判断出来る力
小さい頃からの積み重ね
経験の場を取ってしまうのは
優しさではないこともある


2020/10/09(Fri) 05:55:38 [ No.30202 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
その通りですね。

母親から管理干渉され操られた人生を
仮に子どもの頃に送ったとしたら
子どもに取ってこんな情けない
腹立たしいことはないでしょうね。

そうやって気付いて親から離れることができれば
まだ軽症でいいんだけど

気付くこともできないまま
親に寄生し続ける子どもが増え続けています。

2020/10/09(Fri) 06:57:30 [ No.30204 ]
◇ 判断 投稿者:谷川 母  引用 
鶏頭の花がキレイですね♪
確かに、自分の力ではどうしようもないことは、
多々あります。

でも、自然の流れの中でどのように生きるか、
その取捨選択は、あくまでも自分の判断。
責任は、自分にあります。

それは、周りを考え、自分を考え、
全体を考えた総合的な判断によるもの。

そうした経験の積み重ねでしか、
正しいというか、より良い納得のいく道は
選べない気がします。

2020/10/09(Fri) 08:31:55 [ No.30205 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
誰しも、自分で判断していきたい。

その自由を
静止するしか方法がなかったのが
私たちの子どもです。

その原因は、母親。

親の自分は、そうしたいのに
子どもには、それを許さない。

自分の欲であったり
自分の人生を優先した結果です。

考えれば考えるほど罪です。

2020/10/10(Sat) 05:53:23 [ No.30206 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
冷えて来たなあと
思えば
台風の動きは気になる

転ばぬ先の杖

出せるのは
転んだ経験があるから
知恵や知識で杖が出来る

親が転ばぬように
杖でなく大木を出したり
杖がいらないように
石ころをどけたり
穴ぼこを埋めたり
していては
杖の存在も分からず
出し方も学ばない

親はいつまでも
一緒にいられないんだから
子どもが自分で生きる杖を
持つことが出来るように
仕向けていく

2020/10/08(Thu) 05:19:31 [ No.30199 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
子どもが一人で歩むべきイバラの道に
親が先に入り込んで歩きやすくしてしまったり
転ばぬよう守りながら
一緒に歩いてしまうのは最悪ですね。

人は失敗して強くなります。

恥をかいて
涙を流して
苦しい思いをして初めて
生きる知恵と力を身に着けていきます。

我が子に独り歩きさせられない母親は大抵
自身が独り歩きしていません。

実父母に依存して生きている母親は
我が子に密着して手を貸すのは当然だと決めつけてしまいます。

子どものまま子どもを育てれば
上手くいくわけがないと言うことを
祖父母からして分かってはいないのです。

2020/10/08(Thu) 06:58:35 [ No.30200 ]
◇ 将来 投稿者:谷川 母  引用 
はい。子どもの将来を見据えて、今何をすべきか。
これは親が常に意識しなければならないことです。

目先の失敗を恐れ、すぐに手や口を出す。
それは、おっしゃる通り、子どもの学びの
芽を摘むことになってしまいます。

失敗や挫折から学ぶことは、たくさんあります。
いえ、むしろそこから得られることの方が多いかも。

親も、よく見て、しっかり考え、我慢したり応援したり…。
その繰り返しでお互い成長していくような気がします。

2020/10/08(Thu) 07:30:12 [ No.30201 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
人はいつか必ず一人で生きていかなくてはならなくなる。

その意識があるから
今をどう生きようか
どんな中に身をおこうか
どうしたら食べていけるか等々
自分のこれからを考え
今を生きるのだと思います。

そういう意識を
年相応に感じさせ
また、それを意識しながら生きる姿を
親は死ぬまで見せることが
先を行く人間の役目なのかなと思います。

2020/10/09(Fri) 07:00:29 [ No.30203 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
子どもが転びそうに
なったときに
サッと手を出して
怪我をさせないよう
転ばさせない
親が付いているうちは良いけれど
手を離れ
ついていられなくなったとき
転び方を知らないから
怪我をする

転びそうになる前に
手が出ないから
顔から転んで行った子が居たな
小学校に入っても
靴下を母親が履かせていると
聞いたこともあった

出来ないことを
出来るように
小さな内の痛い思いは
やがては防御の仕方を
なんでもしてあげる
ことは
愛情ではない

見守る勇気を持てるか
どうか
親もしっかり考える


2020/10/07(Wed) 05:52:39 [ No.30195 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
世間体を気にしていると
「みんなと同じ」でなくてはいけなくなる。

そこに母親のエゴや我欲が加わると
「みんなよりできる子」でなくてはいけなくなる。

それでどんどん自立心を鍛えるなら良いことですが
こういう母親に限って
子どもに経験させて待つことが出来ない人が多い。

早くしなさいと急かす。
こうじゃないと否定する。
子育てにくだらない理想を持ち
自分の思い通りに子どもが動かないと絶対に満足できない。

学校という社会に出る時
「しっかりやりなさい」と背中を押すが
散々ひ弱に育てておいて、それはないでしょう(笑)

2020/10/07(Wed) 06:39:59 [ No.30196 ]
◇ 小さいうちに 投稿者:谷川 母  引用 
はい。小さいうちは、何か問題があっても、
比較的単純なので、つい見過ごしがちです。

でも、小さい問題はよく考えて、
小さいうちに手を打つのが必要。

将来、それが大きくなってからでは、
なかなか解決も難しくなってしまいます。

小さい問題をよく見て、将来を考えて
手を打つ姿勢が、親にとってとても大事です。

2020/10/07(Wed) 06:55:43 [ No.30197 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
転ぶ子どもの親でいるのが耐えられず
転ばない様に
順調に
いつも良い状態でと
せっせと構いました。

転んだ時に立ち上がる力をつける方が
どんなに重要か。

転ぶことを恐れない
転ばない様に自分で考える
その様な知恵を身に着ける事が
どんなに大切か。

親に耐えて待つ力がないと
子どもをひ弱にさせてしまいます。

2020/10/08(Thu) 05:34:59 [ No.30198 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
あれダメ それダメ
何度も否定する。
不思議なことに身体もダメなんだと
理解してしまう
お日様に当たらない
事と重なると
身体も成長しなくなる

親の思うように
しようとすると
子どもの成長の妨げ

伸びる前に縮こまるときも
ある
静観出来る親であるか
どうだろうか
感情に流されるままでは
良くないなあ

2020/10/06(Tue) 05:18:45 [ No.30190 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
ある引きこもりのお話。

「この女、アホですよ。
僕が大学へ行って頑張っていた時、
何処へ行っていた、
何をしてきたんだと細かく追及しまくって

僕が頑張ったことも
何でそんなことをする
どうしてやってしまったんだと否定しまくる。

僕はそれが本当にイヤで
動く気力もなくなって引きこもってやった。

ところが、家の中にずうっと居れば何も言わなくなると思ったら大間違いで
今度は、
何でそこに居るんだ、もっと外へ出て行ろ
引きこもるな、活発に
どんどん動けと騒ぎまくる。

こいつは家族全員を私物化したいだけなんですよ」。

子どもに問題を持たせた母親達は
とにかく自己中で
私の言うことを聞いて当然でしょ・・といった感じで
家族を取り仕切っていました。

「女房の尻に敷かれる」と言います。
「かかあ天下」という言葉もあります。

この言葉を遣う人は
決して悪い顔をしていません。
むしろ、笑いながら
「うちの母ちゃんは怖いよ」と言います。

妻(母親)は
家族の将来を大事に思って
せっせと考え動いてくれていると分かっていると感謝しているのです。

家族の将来の幸せを尊重しながら仕切るなら
父親、母親のどちらが仕切っても構いません。

しかし、人の人生を仕切る以上
相手を尊重して成長を支援する責任があります。
間違っても
自分の満足だけのために人を仕切ってはならないのです。

子どもが問題をもって
母親に教えています。
「あなたの子育ては、こんなに人を無気力にするのですよ」と。

2020/10/06(Tue) 06:51:30 [ No.30192 ]
◇ できること 投稿者:谷川 母  引用 
はい。
子どもに自分の思いや価値観を押し付けると、
そのうち必ず無理が出ます。

かといってなんでも子どもの思うまま、言いなりでは
また違ってしまう。

子どもは自分とは別の人格。
それをよくよくわきまえた上で、必要なものは提示し、
相手の様子や考えも尊重する。

難しいけれど、それをよく考え、繰り返し、
一つ一つ丁寧に対応していく。
その積み重ねでしか、子育ての結果は出ない
と思います。

2020/10/06(Tue) 07:09:04 [ No.30193 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
親にとって困ることを
躾けと称して駄目と押し付ける。

自分の都合に合わせて
これは子どもを尊重しているという
都合の良い放任。

どちらも
子ども自身を尊重しているとは言えません。

その見極めが
親になり切れていない私たちにはできませんでした。

はたして過去形でいえるのか。

まだまだ課題です。

2020/10/07(Wed) 05:56:05 [ No.30194 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
神社には足を運んだところ
お宮参り
七五三参り
で、賑やか

着物を着た女の子
なれないもので
疲れたぁ

生まれて間もない赤ちゃんは
大事に抱かれてお参りに

健やかに
育って欲しい
昔昔は
小さい子が育たなくて
神頼み

現代は
医療の発展
食糧事情が良くなって
育つのが当たりまえに
なっているのは
有り難いこと

子どもが大きくなると
欲と期待が大きく
なってしまうのは親

過度の期待は子どもが
辛い
なんでも
初心を忘れてはいけない


2020/10/05(Mon) 05:39:44 [ No.30186 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
そうですよね。
生まれたすぐの子どもを見て

「生まれて来てくれてありがとう」と素直に思えた
あの瞬間が
親も子も一番美しい、シンプルな関係なのでしょうね、きっと。

そのうちに
なんであの子はここまでできるのに
家の子は未だできないんだろうと欲目が出てくる。

他所の子に目を向け
世間体を気にして
我欲を先に立たせると
密着した管理や干渉が始まっていく。

まだできない我が子を観て
「うちの子は必ずやれる」と
信じて待つ姿勢は必要です。

家の子は健康に育つに決まっている。
家から巣立って一人前の社会人になるに決まっている。
将来好きな人を見つけて結婚して親になるに決まっている。

子育てをしていく上で
母親のこうした決め付けは一番大切だと思います。

2020/10/05(Mon) 06:45:29 [ No.30187 ]
◇ シアワセ 投稿者:谷川 母  引用 
子どもは元気で幸せになってほしい、
ただ、それだけです。

でも、幸せって、何?
どうなれば、シアワセ?

そう考えだすと、いろいろ
出てきてしまうかも…。

元気で頑張って何かをやっていられるなら、
それだけでいいのかもしれません。

2020/10/05(Mon) 07:44:13 [ No.30189 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
自分の幸せを我が子に押し付けていました。
まだまだ、過去形で言えることではないです。

子どもの状態が自分尺度で幸せなら
自分も幸せ。

それが定まらないと
やはり、今でも不安になります。

しかし、この不安を薄くする行動を
今までの形でやってはいけないのは経験済。

信じて、少しでも良くなると思うことを
身を削って動くだけ。

実は、そういう事ができる事が
幸せなのかもしれません。

誰かを想い、ただ動く繰り返し。

2020/10/06(Tue) 06:32:38 [ No.30191 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
素直に言うことを聞いていた子が
急に
言うことを聞かなくなった
これは
成長している

素直に感情を出せるように
素直に言いたいことが言えている
成長には大事なこと
大人の顔色うかがって
言葉を飲み込んでしまう
音無しい子では可哀相

反抗をして
どうしたら
親が分かってくれるのか
考えるのも成長には欠かせない

自分で考え動く
生きるのには欠かせないことだから

2020/10/04(Sun) 05:39:13 [ No.30181 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
よく
「この子は反抗期がなかった」と
満足そうに言う母親がいます。

私は心の中で
「あなたが反抗できないようにしてしまっただけでしょう」と
その傲慢さ鈍感さに呆れています。

反抗期がない子供など
哀れ以外の何物でもありません。

自立もせず
親の傍で少しずつ年老いて
管理され続けた不満の「倍返し」をされるかもしれません。

2020/10/04(Sun) 22:51:57 [ No.30184 ]
◇ 成長 投稿者:谷川 母  引用 
はい。言うことをそのまま聞く、
それが素直なのでしょうか?

思っていることをそのまま言う、
それが正直なのでしょうか?

自分の価値観やフィルターを通して、
取捨選択や提示すべき時間を考えて、
言うべき時に言い、あるいは黙ったままで終わる。
それでもいいんじゃないか…。

そんなことを考えて、迷いながら、それでも相手を
思いやりながら、人として成長していってくれれば、
それでいいんじゃないかと思います。

2020/10/05(Mon) 02:44:00 [ No.30185 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
伸び伸びとできるには
まず、自分が伸び伸びする
私はそう思い、感じます。

今、考えている事が、間違っているかもしれないけれど
自分の気持ちに伸びやかであると
違うよという言葉も素直に入る気がするのです。

あれこれ考えすぎると
あれこれわからなくなってしまう。

そんな気がします。

2020/10/05(Mon) 07:33:39 [ No.30188 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
親しき中にも礼儀あり

これマナーの一つ
いろんなマナーがあります
食べ方 ドアの開け閉め
言葉使い 洋食の作法等々

行儀 作法とかで
社会の中で家の中で秩序を
保つためだったり
思いやりだったり
これも
教えてもらわないと
分からないものばかり
人様に迷惑を掛けない
これもマナー
親がそんなこと無視をしてばかりだと
子どもだって知らない

自分の事の責任もあるのかも
無責任に迷惑を掛けてばかりでは
秩序もないもない
家の中のバランスも保てない
社会の中でもバランスが
取れないのかも

2020/10/03(Sat) 05:31:28 [ No.30178 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
親しき仲にも遠慮や礼儀がある。
全くその通りですね。

下品なことですが
人前で鼻をかむ
ゲップをする
オナラをする

こんなことを人前でしてはいけないと
家庭内から厳守させることは
家族間に遠慮や礼儀をおくことになるのは然ることながら
秩序正しい人間関係を仕込む一つの手段にもなると思います。

夫婦間でも
「結婚したんだから私を大事にして当然でしょ」
などといった図々しい感情は決して生まれません。

親子間でも
「いつまでも甘えて(甘やかして)はいられない」
といった
自立心や巣立ちへの双方の意識改革につながるでしょう。

家庭内で礼儀や遠慮を保つことは
社会生活に向けても同じ意識を育むことになります。

親しく仲にも礼儀あり
昔の人は本当にいいことを教えてくれました。

家族間であっても
否、家族間だからこそ
礼儀をもってお行儀よく過ごしたいものですね。

2020/10/03(Sat) 06:41:39 [ No.30179 ]
◇ 礼儀 投稿者:谷川 母  引用 
はい。礼儀、大事ですね。

初めての方には第一印象を決定づけるでしょうし、
お客様には勿論ですが、おっしゃる通り、
本当は「親しき中にも…」が最も大切なのかもしれません。

今、コロナ禍でソーシャルディスタンスが叫ばれていますが、
必要な距離感をもって接することは、
相手に対する敬意と思いやりの表れと言われます。

子育ての中でも、意識して接するとともに、
自らも心掛けることは、大事だと思います。

2020/10/03(Sat) 07:43:26 [ No.30180 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
人様との距離。

これを
さりげなくとれる人って
本当に大人だとお願います。

距離を感じさせない距離感。

本当に、大人だなぁ・・・

2020/10/04(Sun) 08:14:08 [ No.30183 ]

◆ おはようございます 投稿者:ころわん  引用 
できない自分、弱い自分を普通に出す。
これって、自分を生きる中で、楽にしてくれました
ステキな言葉
ありがとうございます
笑って、そんな自分で出会ったママ友と話す

子育て奮闘中、母仲間と会話が盛り上がる
親の思うようにいかないよね‼️
みんなで、やれやれと笑いがでる

2020/09/30(Wed) 09:29:09 [ No.30165 ]
◇ 無題 投稿者:日本家庭教育再生機構事務局  引用 
ころわんさん、こんにちは。
書き込みありがとうございます。

このサイトはせっかく書き込んで頂いても
お答えすることが出来ません。
ママ達との交流の機会を持つことも出来ません。

沢山のママ達が
あなたの書きこみに応えてくださる
「すくすくねっと」がありますので
今後はぜひ
「日本家庭教育再生機構すくすくねっと」を検索して頂き
そこでの書き込みをお勧め致します。

どうぞ宜しくお願い致します。

2020/10/01(Thu) 18:34:22 [ No.30169 ]
◇ 無題 投稿者:ころわん  引用 
コメントありがとうございます。すくすくネット
を開きました。初めて見たのは10年前になるかと思います。時代は変わりガラケーからスマホ時代。画面は素晴らしく、変化しビックしてます。長田先生が小学校のPTAの講演会講師として大分県で、お話を聞いた頃拝し見てました。中断してましたが、ふとしたきっかけで、こちらのサイトに出会いました。私にとって、タイミングが良かったと思いました。あの頃は、まさか、不登校になるとは思いもしません。それでも、不思議と不登校だった友達が支えになってくれてるように思えます。そしてその友人達は、先行く人として、たくましく生きてます。輝いてます。講演聞いた頃の我が子は、高校を卒業を迎えます。不安定ところはありますが、目指している道に向かってます。このサイトに出会い、忘れていた私の軸を取り戻します。ありがとうございます。

2020/10/02(Fri) 22:19:46 [ No.30175 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
ころわんさま

書き込み有難うございました。
ここは、
長田のメンタルケアで問題解決した「保護者の掲示板」です。

書き込みはご遠慮いただきますが
問題から立ち直った経験者達の
我が子の接し方に対する反省点が綴られています。

もちろん、
問題の家庭のメンタルケアにあたっての共通点などを
長田も迫力をもって書かせていただいております。

ですから、続けて読んでいただく価値は
十分にあるかと存じます。

すくすくねっとでは、どうぞお気軽に質問をかけてください。
質問でなくても
今回のような書き込み内容でも大歓迎です。
沢山のママ達も応えてくださると思います。

すくすくメールの登録もお待ちしております。
毎朝7時に携帯に配信される、
長田がお届けする無料子育てメールです。
メンタルサービスからお入りください。

すくすくねっとでお会いします。
ころわんさまのお名前で投稿されることを
楽しみにしております。

2020/10/02(Fri) 22:30:02 [ No.30176 ]
◇ 無題 投稿者:ころわん  引用 
おさだゆりこ様
返信ありがとうございます。
また、この返信に、気づく事が遅れ失礼しました。
皆様の書き込みを読み、ぶれてない軸を取り戻します。
ずれているところは、修正していきます。

すくすくメールは毎朝楽しみにしてます。

ステキなサイト、ありがとうございます。

2020/10/04(Sun) 07:26:07 [ No.30182 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
秋は空気が澄んでいて
空が綺麗です。

10月になって
衣替えには
まだ少し早いかなあ

ツバメがいつの間にか
見かけなくなった
旅だって行ったのかな

損したくない
負けたくない
恥ずかしい
こう言うことが心のなかで
優先してしまうと
心が固まる
自分を追いつめる

損しても
負けても
恥ずかしくても
良い方へ向かうチャンス
積み重ねが
生きる力の蓄積

2020/10/02(Fri) 05:24:46 [ No.30172 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
ひまわりさん
良いことが書いてありますね。

ある住職の言葉が心に響きました。
「幸せだと思った時が地獄」

当時、何のことかぜんぜん分からなかったけれど
「普通が一番幸せだよ」と言っていたのだと今なら分かります。

損も得もしない
勝つこともなく負けることもなく
恥をかかず褒められもせず
こんな生き方が一番楽かも知れません。

でも人々は向上を求め、そういう生き方は望みません。
もちろん私も、です。(笑)

2020/10/02(Fri) 06:21:28 [ No.30173 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
自分がこれだと決心してやることは
恥ずかしいくないし
一見、損をしているかに見えることも
損とは感じません。

前に進む為の、後戻りもありだと。

勝ち負けも
人と争う気持ちというよりか
自分の中で、自分との戦い。

損得も恥じも
他者との比較で生まれるような気がします。

2020/10/03(Sat) 05:54:39 [ No.30177 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
今宵は
中秋の名月
すすき お団子 サツマイモ
里芋など
芋名月ともいうので
お月見のしつらいなど
してみて
少し電気を消して
月明かりを楽しむのも
時にはいいかな

静かな時間
賑やかな時間
静と動
子どもにガミガミ
言うだけは伝わらない
見せて分かることも

伝え方は一つじゃない
工夫するのも
知恵の出しどころ


2020/10/01(Thu) 06:09:14 [ No.30162 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
私が小さなころ
月明かりが明るすぎて「怖い」とまで思ったことがありました。

特に秋から冬にかけては
格別明るかったような記憶があります。

夜に外で遊んだなどと今の子どもに話しても
きっとピンとこないだろうと思います。

電灯など全くないのに
あぜ道を普通に歩けましたから
正に「月明かりの下で・・をする」といった
美しい自然環境の中で生きていられたのです。

私の親は、
まるで月明かりのように
ハッキリと進むべき道を示してくれました。

私は妹たちには
「好きな人をつくってこの家から出ていきなさい」
弟には
「後継ぎだからこの家に残って結婚しなさい」
と、
幼い頃から何度も言ったので

巣立つことと
結婚することを
幼い頃から意識して生きることが出来ました。

何も我が家の親だけが
進路を明るくしてくれたのではありません。

ほとんどの親が、
まだ見えない将来に向けて
ハッキリ進むべき道に一本だけスポットライトを当ててくれたのです。
「巣立って結婚しなさい」と。

他の進路に関しては何も言わない
極めてシンプルで
エゴも世間体もない。

親子の話し合いなどほぼなく
大人は大人の世界で
子どもは子どもの世界で生きていました。

子どもは放っておかれても
親から一筋の進むべき道に
スポットライトを照らされていますから
大きな迷いや不安はありませんでした。

いつの間にか
スポットライトをいろんなところに当てまくる
我欲の強い、
世間体を気にする幼い母親が増えましたね。

そりゃ、子どもが巣立つことも
結婚することも忘れて
迷い続けますわね(笑)

2020/10/01(Thu) 06:58:27 [ No.30163 ]
◇ お月見 投稿者:谷川 母  引用 
はい。小さい頃はお月見、
しましたね。

月見団子をこねて作ったり、
季節の果物や野菜をお供えしたり、
その時々の季節の催しをしていました。

秋生まれの自分は、栗が大好物。
誕生日はいつも栗ご飯でした。

そういう季節ごとの思い出って、
案外ずっと覚えているもの。
子どもとともに楽しむのも、
ステキなことだと思います。

2020/10/01(Thu) 07:33:00 [ No.30164 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
上賀茂神社の馬場殿の写真でしょうか・・・

毎年、お月見の日は
上賀茂神社の観月祭に参加をさせていただいていました。
残念ながら
今年は中止されました。

月を愛でて、感謝する。

良い人にも悪い人にも
分け隔てなく自然は向きあってくれます。

こんな行事の時にしか気づかないけれど
澄んだ空のお月さまを見上げながら
自然にはかなわないと思いました。

人間って恥ずかしいかも・・・と、ふっと思いました。

2020/10/02(Fri) 05:46:31 [ No.30171 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
弱音を吐かない
のが
強さとは違う
泣かないのが
たくましいとも違うだろう

言いたいことが言える
気持ちの整理を出来るように
気持ちを話すことが出来る

親が聞いて
不安になることは
聞きたくない
のは親の都合
親も乗り越えてきた
経験があれば
我が子も大丈夫と思える

自分を信じれて
自信
親から否定の言葉
心配されてなかでは
自分を信じられなくて
不安を抱える

親の方がひ弱だから
子どもに
過度の期待をしてしまう

まず
自分から

2020/09/29(Tue) 05:43:07 [ No.30154 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
私はこれが得意。
この中で精一杯努力しよう。

欲張らず
ブレることもなく
自分の得意な「道」を信じて
潔く一心に努力していく姿勢。

こんな両親がいれば
それだけで子どもは安心できますよね。

親の方も後姿だけ見せていれば
子どもに多くを語る必要もないと思います。

2020/09/29(Tue) 07:15:04 [ No.30155 ]
◇ 応援 投稿者:谷川 母  引用 
はい。いい時もあれば、悪い時もある。
上手くいくときもあれば、そうでないときも。

どちらも考えてみれば当たり前だし、
全部うまくいったら、面白くありません。

そのたびに、よく考え、工夫し、またやってみる。
一つ一つのことに前向きに、真剣に立ち向かう。

そんな姿勢を、いつも見守り、
応援できたらいいなと思います。
そのためにも、親もガンバロ!!

2020/09/29(Tue) 10:34:20 [ No.30156 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
できない自分も
弱い自分も、普通に出せばいいと思います。

でも
できない事や、弱い事に言い訳をする姿は
みっともないだけ。
そんな親の姿など、みたくないですね。

何かひとつでいい
大切な何かがあればいい。

2020/09/30(Wed) 05:43:01 [ No.30157 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
自分を信じる


自信

親に心配され
あれこれ口出し
手出しを沢山
されていて
自信が持てるようなこと
ないだろう

親に信じてもらえて
安心出来
あれこれやって
失敗した
達成したの繰り返し

自信も育てるものかも
子どもを思うなら
グッと我慢できる勇気


2020/09/30(Wed) 05:32:30 [ No.30158 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
この子は必ず立派な大人になって社会へ出ていく
そう思いながら育てたら

応援できる
褒められる
協力できる
いつも爽やかな笑顔で接することが出来る

それは当たり前のように子どもに伝わり
心地良い空気の中で少しずつ伸びていく。
中にはグングン伸びていく子もいるでしょう。

教育は「薫陶」です。
親の心そっくりに育つだけです。

2020/09/30(Wed) 06:56:26 [ No.30159 ]
◇ 達成感 投稿者:谷川 母  引用 
ホント、そうですね。
自分を信じられるからこそ、自信
なのだと思います。

その裏には、おそらく
それまでの努力やそれに基づく達成感や
経験の積み重ねがあるはず。

それをしっかりと認識しているからこそ、
今の自分の力を信じて頑張れるのだと思います。

そして、親はそんな子どもの力を信じて
応援するのみ、です。

2020/09/30(Wed) 07:58:25 [ No.30160 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
絶対的に信じて
絶対に味方でいてくれて
どんな時でも、離れず見守ってくれているという安心感。

そんな空気を感じたら
人は人を裏切れないと思います。

そういう空気の中で
人は伸び伸びと動けるのだと思います。

それが家庭や親にあれば
失敗や挫折を経験しても
子どもは素直に伸びていけると思います。

2020/10/01(Thu) 05:49:49 [ No.30161 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
いろんなこと
辛いこと
楽しいこと
悲しいこと
嬉しいこと
やってみたいこと
とかとか
人と話をすると
楽になったり
ワクワクしたり
話すことは
離すことに繋がるから
でも
話をするには
聞いてくれる人がいるから

あれしなさい
こうしなさい
ばかり言っていると
子どもは言葉を飲み込んでしまう

抱え込んでばかりだと
抱え込みきれなくなる
でも
子どもを見ていないと
気が付かない

聞き出すのではなくて
聞く耳を持つ
言うばかりでは
子どもの育つ力は伸びきれない


2020/09/28(Mon) 05:45:55 [ No.30147 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
過管理、過干渉で子育てをすると
母親は自己満足できます。

任せて待てない母親は
手を出し
口を出し
自分の納得のいくような流れにするために
我が子に機関銃のような細かい指示を出していく。

大人しい子どもはマリオットのようになり
ちっとも失敗もしないから
生きる知恵もつかず
生きる力もつかず
密着する母親から逃げ出すこともできないまま
完全な受け身状態の無気力人間に仕立て上げられてしまう。

母親の目を気にして
母親の意見に従い
母親の実に小さくて偏った世界で生きることを強制される。

母親は失敗させないことが愛することだと大きな勘違いをして決め込んでいるから
全くタチが悪い。

やがてそんな子どもが大きくなれば
社会で幼児扱いされる。
大人になっても離れようとしない母親の下で
巣立つことも忘れて延々と寄生する・・

我が子を元気づける。
自信をもたぜる。
挑戦させる。
母親の言葉は、夫や子供を「育む言葉」でなくてはならない。

2020/09/28(Mon) 06:54:45 [ No.30149 ]
◇ 聞く 投稿者:谷川 母  引用 
ホント、「聞く」って大事なことですよね。
語学でも、まず聞く力がつき、その後で、
話したり書いたりする力がついてきます。
基本は、まず「聞く」ということなのだと思います。

赤ちゃんが言葉を覚える時も、
まず「聞く」ということから始まりますし。

そして最後も、実は「聞く」ことで終わるようで、
話したり書いたりできなくなっても、耳は
最後まで聞いているとか…。

人として基本的な「聞く」ということ。
改めて大事にしたいと思います。

2020/09/28(Mon) 08:31:04 [ No.30150 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
どんなに話しても
相手の主張や思い込みが強く
話すとこじれるだけ

そう感じると
言葉を飲み込みますね。

話せば話すほど
傷つくから

子どもはそんな事の繰り返しで
自分の気持ちすら
伸び伸びと話さなくなっていったのだと思います。

話も人様との付き合い方も
全て練習しながら育つ。

その土台が
家庭の中にあります。

ただ「聞く」だけでなく
ちゃんと心を添えて「聞く」こと。
本当に大切だと思います。

2020/09/29(Tue) 05:05:09 [ No.30153 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
毎日の食事
味をかえ
品を変え
子どもが小さいことは
どうしたら食べだろ
栄養のバランスとかとか
考えてたな
おかげで、腕はともかく
料理は覚えて来れたかな

夫婦二人になると
食事も変わる
それでも食べてくれる人が
いるのは楽しい
一人では作る気はなくなるだろな

2020/09/27(Sun) 05:26:52 [ No.30143 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
私が1人だったら

家事はしなかったと分かります。

家族が健康でいてくれる有り難さを

夫の一日だけの簡単な入院で実感しました。

ごはんを食べられるうちは・・

ご飯を食べてくれる人が居るうちは・・

本当に幸せなんですね。

2020/09/27(Sun) 06:37:49 [ No.30145 ]
◇ 食事 投稿者:谷川 母  引用 
はい。食は大事ですね。

自分は料理は好きでも得意でもありませんが、
誰かのために作るというのは、また別の問題。

面倒とか忙しいとか、もちろん
マイナスの気持ちもあるでしょうが、
それをプラスに捉え、楽しんだり工夫したりして
毎日取り組んでいると、それは少しずつ相手にも
伝わっていくような気もします。

その意味でも、食は言葉よりももっと、
雄弁で、影響力も大きいと思います。

2020/09/28(Mon) 04:27:34 [ No.30148 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
私も自分一人の時は
ジャンクフードすら食べないで済まします。
食べるのは好きですが
栄養を考えてとか健康の為という考えはありません。

だから、家族がいてくれないと
まず、自分の身体が不健康になっていくと思います。

家族は
いろんなところで自分を支えてくれているのだと思います。

2020/09/28(Mon) 07:43:23 [ No.30151 ]

◆ 無題 投稿者:ころわん  引用 
いろんな生き方
いろんな道
私はどう生きる
私の前を行く人たち
ささやく人、私の姿を見て、ただ優しく微笑む人
私にお母さん!?と投げ掛ける、子どもたちの言葉
それは、それで、客観的にみている

気づかせてくれる
やさしい気持ちに戻らせてくれる
何かを気付いてと問いかけているのか

コツコツ、今、できること、やるべきこと
よく把握して、丁寧に
コツコツ、コツコツ

私、また迷い始めていた

コツコツ、現実の時は進んでいる

迷いながも私は、前に、すすみたい

2020/09/27(Sun) 08:08:13 [ No.30146 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
狭い価値観で
こうでなければと
決め込んでしまうと
なんとも
生き辛い
ちょっとでも違うことが
気になってしまう
違うことが
受けれられない

いろんな人がいて
いろんな考え方がある
知ることも大事
人の話を聞く
ことからだろうか

こうあるべき
は、自分を固めてしまう
柔軟性を無くす

柔らかい方が
老けにくいかも

2020/09/26(Sat) 05:43:30 [ No.30139 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
せまい価値観で、こうでなければと決め込んでしまう。

その価値観を常に自分に置き

家族まで巻き込んでくる母親がいると本当に堪りません。

反対に、

母親が家族との生活に価値観を抱いて

常に信頼してくれたら

子どもに取ってこんな安心はありません。

○ 夫は親友に値する無くてはならない尊敬できる人。

○ 我が子は立派な大人になるに決まっている。

こんな決め込みをもって母親が動かないと

家族はイヤでも母親の信頼に応えるしかなくなる・・。

こういう強かなことを長い時を経てやってのける母親こそ

真の強さを持っているのだと・・私は思います。

自分の価値観を維持するために強情な女性がいるとしたら

妻として母親として最低だと思います。

2020/09/26(Sat) 08:30:16 [ No.30140 ]
◇ 大したことない 投稿者:谷川 母  引用 
はい。
実際にやってみたら、その結果は、反応は、
案外自分の思ってもみなかったものだった
なんてことは、よくあることです。

自分が考えられることなんて、
所詮大したことありません。

だから、やる前からの思い込み、決め込みなんて、
ほとんど意味がありません。

まずは人の意見やアイデアを受け入れて、
やってみること。そこからまた、
考えればいいし、そうすればおのずと
前に進め、道も広がっていくと思います。

2020/09/26(Sat) 22:15:23 [ No.30141 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
何に価値をみいだすのか。
人、それぞれだと思います。

社会的地位かもしれない
金銭の裕福さかもしれない
脈々と流れる自分の血かもしれない

人が大切に思う価値に
土足で入り込むと
相手は殻をかぶってしまう気がします。

これだけは大切にしたいという価値
対する相手の価値を
大切にできる人

何より大切な価値ある人だと思います。

2020/09/27(Sun) 05:45:02 [ No.30142 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
お母ちゃん一人の
価値観だけでは
狭くて、小さい
お父ちゃんと二人でも
少しは広くなるけど
まだ限られる

親の力だけでは
子どもが育つには
足りないことが多いから
人の力を借りて
育てていく

子どもを持って
初めて、頭を下げることを
知ることもある
なんでって
頭を下げなければいけない
場面を作り上げたのは親だから
頭を下げる親を見る子ども
必要な時もある

2020/09/25(Fri) 05:08:13 [ No.30135 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
父親の考え
母親の考えが一緒になって
子育てに偏りが出なくなります。

親も、性も、育った環境も違う両親が
ちがった意見を出し合うからこそ
バランスの取れた子育てができるようになります。

我が子は母親だけのものではありません。
父親のものでもあるということを
母親が如何に自覚するか、
とても大切なことです。

父親の意見を尊重しながら子育てをすれば
おのずと子どもの人格を尊重しながら
躾に係わっていくことができます。

反対に父親の意見を無視すれば
子どもの意見も人格も平気で無視して
母親は新幹線のように突っ走っていくでしょう。

それが家族に取ってみんなが幸せになれるような正しい方向なら良いのですが
母親だけに都合の良い方向であれば冗談みたいな話です。

親しき仲にも
礼儀や遠慮は要ります。

母親が子供のような我が儘を言って
自分中心の生活をしていれば
子育ては大きく偏り
子どもの生き方も少しずつ偏ってしまいます。

2020/09/25(Fri) 06:41:10 [ No.30136 ]
◇ 素直 投稿者:谷川 母  引用 
はい。人様から教えられ、育てていただくこと。
これは本当に大きいです。

だからこそ、皆様から教えていただくことを
素直に受け入れ、成長の糧とできるような
下地作りをするのが、親の役目。

そのためには、自らも素直でなければならないし、
少なくともそれを意識していなければなりません。

どんな言葉よりも、後ろ姿の方が、
おそらく影響力は大きいように思います。

2020/09/25(Fri) 06:42:36 [ No.30137 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
私の親も、私の為に頭を下げてくれていたと思います。
きっと、私の事で
思い通りにならす悩んだ事もしょっちゅうだったと思います。

そんな全てがまるでなかったような顔をして
我が子が思うにならないと悩むのは勝手すぎますね。

多くの方が自分に関わってくださり
我が子に関わってくださり
その中で今があります。

みえる関わり
知らない関わり
自分の考えだけでは及ばないことばかり。

だからという訳ではないですが
自分もそうして人様に関わる努力は
常に必要だと思います。

2020/09/26(Sat) 04:58:38 [ No.30138 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
台風が随分離れてくれて
助かったです

放置していた畑
背より大きくなった草や木
機械を使って取り去った後は
スッキリ
もっと早くに片付ければ
楽に出来たのに
後回しにした分
大事に

出来る時に出来ることは
早くした方が良い
手間がかからない
後から
いつかは
なかなかやってこない
自分が動かないと
誰も何ともしてはくれなのだから

2020/09/24(Thu) 05:34:42 [ No.30131 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
草は一気に刈り取ることができます。
長田塾の親たちの子どもの問題も
メンタルケアという独自の手法によって
一気に刈り取ってしまいました。

メンタルケアの指導に真面目に取り組んだ親子は皆
「がんばります」と言いながら
爽やかな笑顔で私の元を去っていきました。

しかし、私は何度も何度も彼らに教え伝えた事があります。

種を撒いた親が変わらないと
ふたたび子どもに同じ種を撒くことになります。

子どもの問題も
甘く見ると
雑草のように
しつこく何度でも伸びてしまいますよ・・・と。

一度張った根っこを
全て取り去ることはできません。

そこに新たな種も飛んできて根を張る場合だってあります。
子どもは常に「手をかけ過ぎないで目をかける」べき相手です。

それが
問題から立ち直った子どもであるなら、
尚更というものでしょう。

2020/09/24(Thu) 06:19:15 [ No.30132 ]
◇ 後回し 投稿者:谷川 母  引用 
ホント、そうですね。
後回しのツケは、案外大きいです。

とにかくできることをコツコツ。
これが間違いないです。

子育ても同じ。
今、できること、やるべきことを
よく把握し、コツコツ、丁寧にやる。

後できっと後悔しません。
ガンバレ、母ちゃん!!

2020/09/24(Thu) 07:22:39 [ No.30133 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
悪い根がどんなに強烈か
自分を顧みればよくわかります。

自分が自分の根と戦わずして
子どもに戦えとは言えません。

親が戦う姿から何かを感じ
やっと子どもも変わり始めようとするのかなと思います。

全て空気で伝わる
それしかない様に私は感じます。

2020/09/25(Fri) 05:27:54 [ No.30134 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
連休明けは
少しだるいのかな
いつもと違う生活で
リズムが崩れるからだろう

女が家にいて

安心 安堵 安息
家の居心地がいいのがいい
でも
子どもが大きくなっていったら
少し居心地の悪い方が
いいかもしれない
いつまでも家にいては
自律に向かっていかない
一人になって
不便さ不自由なことを
知るのも
将来のため

とは言え
今は便利の世の中だから
思うほどの不便さは無いのかも
でも
一人より二人と
思えるような生活は
幼い頃の生活との関係は否めない


2020/09/23(Wed) 05:39:29 [ No.30125 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
親は特に嫌いな訳じゃないけど
一気に遠くへ行って、とにかく別々に暮らしたい。

高校に進学した頃から
一人暮らしをしたいという思いは日に日に増していきました。

卒業を待って
名古屋に来た日
山ばかりの田舎とは違って
あまりにも大きく見える太陽に度肝を抜かれました。

自立した後の清々とした気持ちを、今でも決して忘れません。

だから子供たちにも
「18歳で家を出ていきなさい」と迷いなく教えられました。

親がまず、実父母から潔く自立しているかどうか。
これはかなり大切なことだと思います。

何故なら
問題を持っていた母親たちが
実父母から自立していない人が極めて多く
精神的に親になり切っていない人が目立っていたからです。

2020/09/23(Wed) 06:43:29 [ No.30127 ]
◇ 離れる 投稿者:谷川 母  引用 
はい。一人より二人、
そう思えるのは、ステキなことですね。

でも、その前にまず独り立ち。
自由な反面、いろいろな意味で苦労や有難みを
知る過程も必要かもしれません。

親はそのために自立を意識した
子育てをしなくてはなりません。

親離れ子離れ、
どちらも大事です。

2020/09/23(Wed) 11:19:02 [ No.30128 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
親離れ、子離れ
本当に大切だと思います。

では、昔の跡継ぎさんが
同居していて親離れをしていないかというと
そうではないと思います。

ひょっとしたら
親元を離れる以上に
子どものあるべき姿を自覚していての同居のような気がします。

多分、同居しながら子に従う親も
子離れをしているから次代に繋げる。

精神的に親になる。
大人になりきれない親は罪。

2020/09/24(Thu) 05:46:54 [ No.30130 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso