2263207
保護者掲示板

1: 無題 (0) / 2: おはようございます (2) / 3: おはようございます (3) / 4: おはようございます (3) / 5: おはようございます (3) / 6: おはようございます (3) / 7: おはようございます (3) / 8: おはようございます (3) / 9: おはようございます (3) / 10: 無題 (0) / 11: おはようございます (3) / 12: おはようございます (3) / 13: おはようございます (3) / 14: おはようございます (3) / 15: おはようございます (3) / 16: おはようございます (3) / 17: おはようございます (3) / 18: 鬼滅の刃 (0) / 19: おはようございます (3) / 20: おはようございます (3) /

[ 指定コメント (No.30242) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
子どもが生まれて
首がすわる
立てるようになる
歩ける
等々
心待ちにしていることは
多い
出来るようになると
もっともっとと
期待が高まる

出来るようになるまで
待つことを必要なこと
幼い頃は待つことが出来る
いつの間にか
出来て当たり前
早くしなさい
と、待つことが
出来なくなっている

子どもの成長はそれぞれ
感じ方も親と違う
木の上に立って見る

と言う字
見る
観る
視る
看る
もいろいろ
どうみる

待つことは
親の力も育ててくれているのかも
忍耐力
子育てには欠かせない

2020/10/18(Sun) 05:15:20 [ No.30242 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
いいこと書いてありますね。

他所の子ができたことを観て
できていない我が子を観ながら
「この子は大丈夫。必ずやれる」と思えるのが
一体どこまで続くか
母親としてとても大切なことですね。

ちなみに私ですが
息子達が生まれた時から現在に至るまで
「この子は大丈夫。必ずやれる」という思いは持続中で
何も心配はしていません。

仮に落ちても
私の様には落ちないと自信さえ持っています。
別に自慢気に言っているのではなく全くの事実です。


これには大きな理由があります。
私自身の人生を振り返ると、
あまりにひどいのです。

講談社の児童局から
『五体不満足』
『だからあなたも生き抜いて』に続いて
『親が変われば子どもも変わる』という著名で

「子ども達に勇気を与える人シリーズ」に選ばれたほど
私の人生はとんでもなく深刻でした。

こんなひどく出来の悪い親から
我が子を観ると
2人ともスゴク出来が良く見えて、本当楽で幸せでした。

もちろん、恥をかいて生きてきた自分には
世間体やエゴなんて、現在に及んでカケラもありません。

だから息子達は
母親を恥ずかしいと思っても
重荷に感じたことはほぼなかったと思います。

私とは全く反対で
世の中の親御さん達は
出来の悪いような方は少ないと思われますので

そうなると
ずいぶん大変だろうな(笑)と思います。

母親自身の出来が悪く、
子どもの反面教師になりながらの子育てできて
本当に最高でした!

2020/10/18(Sun) 20:42:33 [ No.30243 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
何が立派で何が上なのか。

人と比べると
目に見える出来る出来ないが気になります。

でも、その子の優しさ、正直さ、真面目さ
そんな大切な部分は
なかなか目では確かめられない。

深い心や目でみたら
子どもの事をもっと信じることができると思います。

信じることができるように
親が接したかも大きいと思います。

2020/10/19(Mon) 05:03:15 [ No.30244 ]
◇ 待つ 投稿者:谷川 母  引用 
はい。待つこと、
ホント、大事ですね。

大体「早く」って言う時は、
自分のペースというか自分の都合によって
発する時がほとんどだと思います。
その方が自分が安心、助かる…から。

「待てない」というのは自分本位で、本当は
「待たない」ということ。そこを変えないと、
「待つ」ということはできません。

相手をよく見て、本当に必要な時だけ、
必要なだけの手や口を出す。このことを、
親はよくよく心して子育てに臨まなければ
と思います。

2020/10/19(Mon) 02:50:44 [ No.30245 ]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso