2264888
保護者掲示板

1: おはようございます (1) / 2: おはようございます (3) / 3: おはようございます (3) / 4: おはようございます (3) / 5: おはようございます (3) / 6: おはようございます (3) / 7: 無題 (0) / 8: おはようございます (3) / 9: おはようございます (3) / 10: おはようございます (3) / 11: おはようございます (3) / 12: おはようございます (3) / 13: おはようございます (3) / 14: おはようございます (3) / 15: 無題 (0) / 16: おはようございます (3) / 17: おはようございます (3) / 18: おはようございます (3) / 19: おはようございます (3) / 20: おはようございます (3) /

[ 指定コメント (No.30203) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ おはようございます 投稿者:ひまわり  引用 
冷えて来たなあと
思えば
台風の動きは気になる

転ばぬ先の杖

出せるのは
転んだ経験があるから
知恵や知識で杖が出来る

親が転ばぬように
杖でなく大木を出したり
杖がいらないように
石ころをどけたり
穴ぼこを埋めたり
していては
杖の存在も分からず
出し方も学ばない

親はいつまでも
一緒にいられないんだから
子どもが自分で生きる杖を
持つことが出来るように
仕向けていく

2020/10/08(Thu) 05:19:31 [ No.30199 ]
◇ 無題 投稿者:おさだゆりこ  引用 
子どもが一人で歩むべきイバラの道に
親が先に入り込んで歩きやすくしてしまったり
転ばぬよう守りながら
一緒に歩いてしまうのは最悪ですね。

人は失敗して強くなります。

恥をかいて
涙を流して
苦しい思いをして初めて
生きる知恵と力を身に着けていきます。

我が子に独り歩きさせられない母親は大抵
自身が独り歩きしていません。

実父母に依存して生きている母親は
我が子に密着して手を貸すのは当然だと決めつけてしまいます。

子どものまま子どもを育てれば
上手くいくわけがないと言うことを
祖父母からして分かってはいないのです。

2020/10/08(Thu) 06:58:35 [ No.30200 ]
◇ 将来 投稿者:谷川 母  引用 
はい。子どもの将来を見据えて、今何をすべきか。
これは親が常に意識しなければならないことです。

目先の失敗を恐れ、すぐに手や口を出す。
それは、おっしゃる通り、子どもの学びの
芽を摘むことになってしまいます。

失敗や挫折から学ぶことは、たくさんあります。
いえ、むしろそこから得られることの方が多いかも。

親も、よく見て、しっかり考え、我慢したり応援したり…。
その繰り返しでお互い成長していくような気がします。

2020/10/08(Thu) 07:30:12 [ No.30201 ]
◇ 無題 投稿者:yamazaki  引用 
人はいつか必ず一人で生きていかなくてはならなくなる。

その意識があるから
今をどう生きようか
どんな中に身をおこうか
どうしたら食べていけるか等々
自分のこれからを考え
今を生きるのだと思います。

そういう意識を
年相応に感じさせ
また、それを意識しながら生きる姿を
親は死ぬまで見せることが
先を行く人間の役目なのかなと思います。

2020/10/09(Fri) 07:00:29 [ No.30203 ]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso